Monday, September 29, 2008

くノ一忍法帖

以前にもミニスカ着物の忍者ですとか特撮もののようなコスチュームを気に入って着ていたのですけれど(※)、本物のようでなくてももう少しシンプルで、和風のSIMにも似合うものがないかなあ、と常々探しておりました。

けれどけっこう探してみるとこれが無いもので、結局またJuneさんにリクエストを送ってしまいました。Bare RoseのSimple Kunoichiです。
Simple Dougiのようにあっさりしたデザインで、前を合わせて帯をしぼっただけのようなミニのコスチュームで、袖はHot Noraのようにまくって、後ろは帯のプリムが付いていて、手っ甲脚絆が付いていて、出来れば外套を羽織れるように…という私のワガママをうまくまとめてくださいました。特にリボンチョーカーがまた可愛らしくって、参っています。他にアクセサリ用途の刀や苦無(くない)、それとはちがね…で合っているかな。額に付けるプリムも付属しています。

柄が目立つものばかりでびっくりしたのですが、いずれも和風の場所によく合います。こちらも牡丹色というのでしょうか、ツツジ色というのでしょうか。服の名前にはピンクとありますけれど、こういったところによく合います。

もともと脚絆はサイハイソックス・ストッキング並みの長さだったのですが、ニーハイレングスにしてみました。こうして天井裏に隠れるようなポーズをとったり、間近でみるとちょっと切れ目が目立ってしまいますが、オーバーニーくノ一と呼ばれ好評でございます。

ヘアはUncleweb StudioのDina-Hair size-S coffeeにしています。Daisyというヘアとセットで、夏っぽいものに合わせようと思っていたのですが、つい時期を逃してしまいました。いずれも活発な印象のあるヘアスタイルです。

また下駄というのは芸がないし、かといってわらじは素材感も色もしっくり来ないし…と、履き物選びはしばし迷ったのですが、GiornoBrandoからちょうど良いsculpted primsのわらじがリリースされていました。何と渡りに船、色合いもぴったりです。メンズですからサイズ調整はちょっと時間がかかりましたが、とても気に入っています。

ポーズは上から自作の*amiko* Seductive_4、HAPPY DISPATCHのGr-Sit-aF1-HDMAMESANDO RingsのSG-AAです。
さて、最後に今回の場所ですが伊賀忍者の里という観光協会のSIM、Ninja Igaです。イベントがもう止まったままなのが残念ですけれど、こちらのSIMのオリエンテーションはいっとうわかりやすいし親しみやすいと思います。中華風の城や大きな看板のたくさん建てられている和風SIMの多いなか、こうして落ち着いた庭のたたずまいを眺めることのできるところは貴重なのではありませんか。…地下はすごいことになっていますけれど。

ARC : 731 (cloak, katana) / 464 / 87 (clothes only)

(※) ほか、このようなコスプレ忍者もこっそり楽しんでおります。ご笑覧くださいませ。

2 comments:

Banana Eales said...

初めまして、Banana Ealesといいます。
毎回楽しく見ています。
「このようなコスプレ忍者」のリンク先の衣装が気になってコメントしました。
この衣装はどこで売っているのでしょうか?
良ければ教えてください。

Liqueur Felix said...

Bananaさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

リンク先の衣装は残念ながらお店で売っているものではございません。

こちらで書いていいかどうか分かりかねますので、詳しいことをお訊きになりたいということでしたら、後日InWorldにてIMをいただけますか。