Thursday, February 05, 2015

エロティックカジュアルふたたび


以前の投稿から実に3年以上の月日が経ってしまいました。まだこちらを気にしていただいていた方々、そして新たにいずこからか見に来てくださった方々にまずは感謝を。皆様おかわりありませんか?

もうこちらのblogは更新せずに、Flickr!KoinUpSnapzillaに投稿する画像だけにしていたのですが、先日古くからのフレンドにもう更新しないの?と訊かれて、そういえばしてもいいかな、と気まぐれで最近よく着ているものの一つについて書くことにしました。

今年の冬、よく着ているニットワンピースがBabele FashionのSweater Dress Redです。 こちらのお店、あまり露出しすぎない服にたまに魅力的なものがあって、こちらのDada Umpaもすぐかってしまいました。着る場所に悩む衣装ですけれど……。

長いあいだパンツレイヤーにぴたっとプリムを貼り付けて表現するスカートや、タイトに出来ないスカートレイヤーの服、スカルプテッドプリムのサイズ調整が難しいもの、そしてメッシュオブジェクトの服でも中がアルファレイヤーで異次元空間になってしまうものはどうも苦手で、スカートはあまり穿かなかったのですけれど、ここのところアルファレイヤーで隠す部分も自然に切り取ってあるものが多くなってきた気がします。一言で言えばやっとセクシーなものが出てきたって感じです。

もともとセットの中にパンティストッキングがついているのですが、そちらをAviCandyのLace Back Seam、サイハイストッキングに変えています。こちら安価なのにさまざまなメッシュオブジェクトで出来た足に適用できるapplierがついています。

メッシュオブジェクトで出来た足といえば、いまはもうどこもかしこもSLinkの足が必要!というお店ばかりになっていますよね。天邪鬼な私はついその手にのるものか!と何に抵抗しているのか、Belle's Breath of Lust DesignTNKworksの裸足だけをかたくなに使い続けていたのですが、先日とうとうSLinkのAvEnhance Feet Female Highを求めました。Collabor 88イベントに出かけても、これがかわいい!と思った靴も、みんなSLink High用と書いてありますからね!


けれど買った甲斐はありました、アルファレイヤーや靴レイヤーを個別につける必要がなく、プリムの細かな大きさの調整も要らず、足を通せばぴったり靴が履ける、動いてもくるぶしが埋まったりしないというのはなかなかに快適なものです。ストッキングもSLink FeetとかSLink Physiqueと書かれたapplier HUDをつけてクリックすれば、さっとその色に染められて、かつストッキングのオン・オフでスキンに合わせておいた足のカラーに戻せます(もちろん別の靴下・ストッキングを使うなら別個に足のコピーをとっておくか、改めて適用する必要があるのですが……)。

そしてこれはおそらく古くからSecond Lifeにいらっしゃる方なら分かっていただけるかなと思うのですが、片足だけ靴を脱いでもちゃんとストッキングを穿いた足になるのです!

以前はヒールの形に合わせて無理に足をすぼめて偶蹄目の足になってしまっていたり、はたまたアルファプリムで丸ごと空間がなくなっていたりしたのですが……初めてみたときにはおお!と声を出してしまいました。ものすごく当たり前といえば当たり前のことなのですけれどね。


前回の投稿時にはまだメッシュオブジェクトで出来た髪は今までとは違って身体に埋まらないという特性を活かすためか、女性用はもちろん男性用も肩まであるヘアスタイルばかりでしたよね。ちょっと見た目が重たい感じがして当分の間今までのものでいいかな、とおもっていたのですけれど、最近になってショートカットのセクシーなものや、何とタトゥーレイヤーをベースに髪束や前髪を別個に付けるというこのようなツインテールの髪型もbooNというお店からリリースされ、アルファレイヤーのバグも私の環境では目立たなくなってきたこともあって、よくメッシュオブジェクトで出来たヘアスタイルを試しています。 

上の画像で付けている髪は[Turgor] Grida - Blackです。もともとはUTILIZATORのM3 Headというアニメふうの頭に合うようデザインされたものなのでしょうか、最初にMarketplaceに出品されていたときは大きさを変えることができず、やはり専用の頭が無いとうまく合わせられないのかとあきらめたのですが、新しく出品されたものを試したところ、これがぴったり合わせられて、エロいとかMILF(えっちな英語です)とか言われて、主に英語圏のロールプレイエリアで好評です。自分でも最近購入したヘアスタイルの中で一番気に入っています。 

そうそう、似た話でFilomenaさんがファンタジー衣装をお召しになる際に、Ayashiというやはりアニメふうの頭と通常アバターと、どちらでも使えるヘアスタイルのお店のものをお使いでいらしたのですが、美人さんだとこうも印象が変わるのかとちょっと感動してしまいました。 

可愛い方、アニメふうキャラクター向けに作られたヘアスタイルでも、どんどん試してみると、人によってまったく違う印象になって楽しいかもしれませんね。

 また、まず誰にも気づかれないので自分で言ってまわっていますが、最近ほくろをDeeTaleZのMesh BEAUTY MOLEに変えました。以前はタトゥーレイヤーをひとつ使って付けていたのです。このタトゥーレイヤーがひとつ浮くというのはどれだけありがたいことかは、世の女性アバターの方はよくわかっていただけることかとおもいます。タトゥーレイヤーのように伸びてみえないところもいい感じでしょうか。大きな変化ではありませんけれど、ずっとつけるものをこんなふうに変えられるのはうれしいです。

口もかすかに開けると自然かなとStep inSidePartedLips MESHを使っています。アルファレイヤーと、歯と歯茎の描かれたメッシュオブジェクトの合わせ技です。口を開ける動きには追随しないので、表情によってはときどきひどいことになります。 

チョーカーがわりの首輪?首輪がわりのチョーカー?もメッシュオブジェクトで[OAK] Basic Collarです。こういうあまりトゲトゲしていなくて、宝石類もついていないシンプルなチョーカーって、案外少ないのでこちらを見つけたときは嬉しかったですね。RLV対応のビューアで、誰でもさわれる設定にしてあちらこちら飛び回っているので、場合によってはときどきひどいことになります。


写真の場所はUmbral Photography - Hydra Islesです。いまは一面雪景色、家の中は可愛い小物でいっぱいのすてきなところですよ。

Friday, December 16, 2011

ノルウェーの子守唄


こちらのお写真を撮った日付は少し前ですが、気に入って着て、あちらこちら飛び回っています。IvaldeのSami peskです。ノルウェーやスウェーデン、フィンランドに住んでいる、サーミ人のコートといった意味だそうですよ。いつもながらIvaldeからリリースされる民族衣装やクラシックなドレス、レトロなお洋服のかわいらしさはどうでしょう。時折趣味にぴったりはまるものが出てくるので、驚かされます。

しばらくIvaldeは更新がありませんでしたけれども、先だってのビンテージフェアでまた復活を遂げて、お写真の場所Second Norwayで開かれているNorwegian Christmasマーケットでまたこうしたお洋服をみることができて、ホッとしました。ヘアスタイルはこちらもまた予告どおり新しい店舗がつくられないかな、(CS) (Celestial Studios) Ashlee Hair - Ebonです。こちらの髪、ノーマルプリムしかなかったころのものですけれど、テクスチャがきれいでいまだに用いています。3年前にINSOLENCEのバレンタインデーアンサンブルのモデルになったときにも着けていました。

ポーズはどれがいいかな…と選んでみていたら、偶然いいものがありました、::Ks2cool::_Pose1-10です。このちょっとかわいい帽子をかぶりなおしているようにみえるでしょう。

このちょっとかわいい民族衣装に合うようなブーツって見つからなくて、あちらこちら探し回りました。スカルプテッド・プリムから、メッシュオブジェクトとアルファレイヤーを組み合わせた滑らかなものが出るなかで、なかなかこうしたシンプルなものってありませんよね。結局みつけられずにデザイナーさんにIMを送って、看板で使われているものを教えていただきました。

なんとJeepers Shoes for MenのUgh - Stoneとのこと。メンズで、しかもノーマルプリムですから、探し回ったのに気づかなかったのも道理です。メンズサイズですからぶかぶかですけれども、XSサイズに設定するとちょうどいい具合でした。

もともとずぼらなわたくし、以前も枠をつけたり画像をカットして張り合わせたりぐらいしかしていませんでしたけれど、最近はもっと適当で、あらかじめFlickr!にインワールドから直接アップロードしたものをまたこちらにのせています。けれど特に何もさわらなくても、きれいにみえるところが増えてきた気がします。グローや影のおかげでしょうか。

もともとノルウェーやスウェーデンのコミュニティのこちらは春も穏やかでいいところでした Second Norway - Norge - Scandinavia (昨年の5月のお写真です)けれど冬になって、よりいっそうきれいなところになりました。雪化粧のされた樹木に囲まれた教会からあたたかな灯りのもれるさまは、夜にきても風情がありますね。

Thursday, December 01, 2011

ゆきんこさん

もう今日は1月並みの気温なのだとか。肩やおなかやおしりを出していてはたいへんです。

ChiChickie!というヘアショップのお知らせでDesigner Circleという、さまざまなお店のディスカウントショップができていることを知り、何となく買い物に出かけてみましたらば、そこでまたかわいいものを見つけました。E-Clipse Rucaと、ぴったりマッチするブーツです。

黒髪に似合いそうなのと、スノーフレーク柄、耳あて付きのファーハット、そしてそこから伸びるフリンジの先にはボンボンが…みんな好きなもので、ほとんど迷わずに買ってしまいました。

このお洋服を買うときからこの髪にしよう!とイメージしていたのがこちらのショートヘアで、思った通りぴったりでした。は映画スターをモチーフにしたスキンやヘアスタイルを多く販売しているお店、TuTy'sのMathilda hair_flexi bob haristyleです。その名前とスタイルから元はすぐおわかりになるでしょうか。以前はフルアバターしかなかったのですが、いつの間にかヘアスタイル単体での販売も行われていました。デモが置かれていないのでちょっと買いづらいかもわかりません。本当に気に入って、こちらのヘアスタイルでプロフィールのお写真も撮ってしまいました。

こちらのお洋服、おおむね満足なのですが私の環境ですと帽子とベルト部分が見る角度によってちらちらと消えたり出てきたりと少々難があります。またハット、ポンチョ、スリーブ、インナー上部とスカート、そしてブーツすべてのプリムにリサイズスクリプトが入っていますので、調整後削除したほうがよろしいでしょう。

ポーズはSLCposing95siと-AnaLu- *fresh poses* 184を用いました。お洋服をメインにうつしたいときには便利なお店ですね。

さてこちらの雪山はもうシーズン客でいっぱいのThe North Pole Sleigh-Ride Adventureというクリスマス大好きな人のためのSIMです。到着地点はびゅうびゅうと吹き下ろしの風の音が聞こえて、少々恐ろしげですがsleigh=そりに乗ってざっと滑っていくと色とりどりのグミキャンディーやジンジャークッキーの坊やのいるアイスリンクがあり、聖夜のコンサートもそちらでひらかれるそうです。イベントをチェックしておくのもいいかもしれませんね。

Wednesday, November 30, 2011

露出度高め

エロい!と膝を叩きつい買ってしまったものの、あまりにも露出が過ぎて、ろくすっぽ着られないでいるお洋服はいっぱいあります…こちらもそのうちの1つ、JD (JAYDEE DESIGNS) WATCH ME REDとJD DEVOTION RED extreme high heelという真っ赤な衣装です。少し前にわたくしSecond Life 5年目を越えまして、その時の記念写真で着ていたのがこちらです。blogにも載せよう、と何となく思っていたのですが、その後すっかり失念しておりました。

ショートパンツに付いているジッパーと、手袋のカフ部分以外はシステムレイヤーのお洋服で、さらに露出度の高いシャツレイヤーと、アンダーパンツレイヤーがセットになっています。右側がそれで、うまい具合に光の加減で隠れてくれましたが、実際はギリギリみえてしまっています。

ヘアスタイルはいろいろ悩んで*~*Damselfly*~*Kymberlynn - Black Pearlを選びました。アップスタイルが山とあるお店で、セクシーなものに合わせやすいものがそろっています。こちらはいくつか購入したものの中でもひときわ好きな髪で、いつかこちらのお洋服に似た露出度高めの魔女コスチュームと合わせられたらいいな、とひそかに目論んでおります。

VEXTRA FASHIONのTriple Loop Earingと、こちらがまた気に入っているのですが、Belle's Breath of Lust DesignのCollar barbewire DogChain v.2をつけています。その名の指し示すとおり、犬をつなぐようなチェーンリードがカラビナで首輪本体につながっています。誰かが引っ張るのかな…なんて考えるとちょっとエロティックですね。Open Collarのスクリプト入りのものと、スクリプト無しのものが同梱されています。フルプリムのチェーンシルクとつながる様にデザインされていて、プリムの調整はおそろしく手間がかかりますが、すべて身につけるととてもきれいです。

ポーズは左から順にMagnifique Gift Pose 2、vas-female057、*.amato.* 1stAnniv.01、vas-female055です。vas (Discord)の見返りポーズは使いやすくて、いろいろなところで使っています。

それとは別に、AnyPose Expression HUD v1.0を使っています。首が固定されるポーズで時折気になるのが視線なのですが、こちらのHUDを使うと視線の方向を変えたり、手の動きを変えることが出来るので便利です。そうそう、瞳はHD - Dark eyes real 5をつけています。かなりリアルなもので以前はどうしても真っ黒に見えてしまい、使わなくなっていたのですが、新しいビューアでライティングの具合がかわり、またGlowを調整することでうまい具合に見えるようになって、このごろよく使っています。

さてお写真の場所ですが…Libido - the Land of Pur Sinというアダルトプレイグラウンドです。首輪を買ったお店Belle's Breath of Lust Designもその中にあって、ほかにバーやヌーディストビーチ、ホテル、映画館、森などさまざまなロケーションがあります。そこで何をするかはこの場所にbukkake templeという名前がついていることでお察し下さい。皆さんお好きですね!

さてもう聖夜の日が近づいているというのに、著しく肌の出たお洋服の記事を書いてしまいました。次がまたいつになるかわかりませんが、もう少しあったかな格好でまたお目にかかりたいと存じます。

Wednesday, November 02, 2011

ブバルディアの花妖精

みなさまいかがおすごしでしょうか?Second Lifeの中での付き合いもいろいろあって、いくつかひどく落ち込むことがあったものですから、毎日のように更新を行っていたこちらのblogも久しく記事を載せられないでいました。お写真を撮ってそれに短い説明書きを付けているFlickr!Wassrはそうでもないのですけれど、どうもblogで少し長い文章を書いていますと、その時のどんよりした気分が文章の内容にもついつい出てしまって、書いたあとですべて消してしまっていたのです。

けれどここ数日の小春日和というのでしょうか、心地良い陽気に誘われて気分が浮き立っていたところ、先だって6周年(!)を迎えたBare Roseからまた可愛らしい衣装がリリースされていて、ふとまた筆(?)をとりたくなりました。こちら、::: B@R ::: Fairy of Bouvardiaというパステルカラーの花妖精です。翅やショートブーツ、あたりに舞い散るフェアリーダストふうのパーティクルやフェイスタトゥーもセットです。お写真で着ているものはピンクバージョンで、ホワイトカラーも入っています。

ヘアスタイルは皆さまとっくにご存じでしょうか、かなり前にリリースされました[!SyDS! Hair] Opera withour Music - Milkで、瞳もだいぶ前のもの []::Tuli::[] steel eyes smallerを未だにつかっています。同梱のフェイスタトゥーの他にL.Fauna Beautymark - Monroe、**CLOWES** EyeLash Dollyと.ID. (.Insufferable Dastard.) Nighttime Blushを重ねています。

またお写真ではさっぱりわかりませんが、自分で調整したPhysics Layerをつけています。::: BareRose ::: The Fitting Room for Womanにお店の方の好意で置かせていただいていていますので、どうぞご入り用の方はお持ちになってください。無料品で、modifyとcopyが可能です。

Physics Layerは少し前にSecond Lifeに実装されて、主に胸の揺れるさまを愛する方に好評で、またお尻もぶるん、と動くようにできますから、そういう嗜好を持った方にもたいそう好かれていますね。やはり不自然に見えることが多いのですが、面白い機能だと思います。

Belle's Breath of Lust Designというお店には女性用だけでなく男性用も置かれていますから、どのようなものか気になるけれど、自分でつくるのはちょっと気恥ずかしい、という方も一度お試しになってみてはいかがでしょう。露骨な性表現のあるお店ですので、それだけご注意を。

ポーズはこちらも妖精のような姿で使おうと作っておいたものです。残念ながら私が持っていたお店は、SIMごとなくなってしまいました。いつか気が向いたらまたどこかで販売したり、配ったりするやもしれません。

さて最後に場所の紹介を書いておしまいにします。Wildefleur Enchanted Gardenという、人間の所有者がいなくなったあとに妖精達が棲みついたという設定のお花畑です。11SIMにも及ぶThe Faery Crossing SIM群のひとつにあって、大きな大きな花と植物に囲まれ、あたかも自分が小さな妖精になった気分を味わえます。

隣にエルフのSIM群もあるこちらはとても長く続いているところで、確か最初に中央のSIM、The Faery CrossingにありますThe Faery Marketを訪れたのは、かれこれ4年前だったように記憶しています。これからも在り続けて欲しい場所ですね。